京都造形芸術大学

京都造形芸術大学×東北芸術工科大学

東北芸術工科大学

藝術学舎

※受講生登録済みの方

受講生番号

パスワード

パスワードがわからない方はこちら

ニュース

|

>一覧に戻る

2015.09.10 【お知らせ】  

【お知らせ】「日本の手ぬぐい デザインコンペ」審査結果発表と作品展示について

「日本の手ぬぐい デザインコンペ」への沢山のご応募ありがとうございました。この夏、「外苑キャンパス」をテーマとして全国からお寄せいただいた応募作品は全32点。このたび厳正な審査を経て「藝術学舎賞」と「ご隠居賞」が決定しました。おめでとうございます!

【審査結果発表】

■藝術学舎賞  伊賀川 香央里さま    藝術学舎賞 全体デザイン画

■ご隠居賞   鍬初 梨紗さま    ご隠居賞 全体デザイン画

受賞者には賞金5 万円のほか、受賞作のデザインを元に東京・日本橋で明治から続く老舗「株式会社戸田屋商店 梨園染」が「注染(ちゅうせん)」染めしたオリジナル手ぬぐい10 枚を賞品として進呈します。
【審査員からのコメント】

■藝術学舎賞:受賞作品について

多くの作品の中からの受賞おめでとうございます。学舎でお目にかかる道具一つ一つを注染の技法に相応しい図柄で表現された素晴らしい作品です。道具一つ一つは学舎の様々な分野で学ぶ皆さまにも感じられ「集っていったい何をつくりあげるのだろうか・・・」と想像し、期待膨らむ楽しい図柄です。色合いは東京藝術学舎のシンボルカラーの青色を採用させていただくことになりました(審査員:石川美和/京都造形芸術大学非常勤講師)。

■ご隠居賞:受賞作品について

募集から短期間でこんなに多くの応募があったとは!テーマが「外苑キャンパス」だったので、銀杏が使われている作品が多く見受けられました。銀杏は東京都のデザインにも使われていたり皆さんの身近にあるモチーフということもあってか、どの作品も出来が素晴らしく、選ぶのに苦労しました。受賞作の手ぬぐいは伝統工芸の「注染(ちゅうせん)」という、両面が染まることが一番の特長の染め方で作ります。私は表裏という表現はあまり使いたくありません。両面が表と考えています。受賞2作品は、昔から使われている手ぬぐいらしい手ぬぐいのデザインが描かれていて、その制作意図がしっかり伝わってくる作品でした。

なお、デザイン画そのままでは注染の技術的に制作が困難な部分もあるため、染められるように若干修正をさせていただきます(審査員:小林永治/株式会社戸田屋商店御隠居、藝術学舎「梨園染の御隠居とつくる注染手ぬぐい」担当講師)。

■総評

このたびの日本の手ぬぐいデザインコンペ、さまざまな学科、コースに所属する方々から全国から寄せられたデザイン案は32点です。それぞれに創意豊かな応募作品のなかから、ふたつの賞が選ばれました。学舎受講生のみなさまに親しまれるデザインという点で選ばれた「藝術学舎賞」、より手ぬぐいとしての意匠を重視した「ご隠居賞」の2点です。いずれも外苑キャンパスにふさわしく、さいわい元首相からの生牡蠣との誹りもベルギーの劇場からのクレームもたぶんなく、無事に東京藝術学舎のアメニティグッズとしてお目見えする予定です。日々の制作のおともに、また試験時の捻り鉢巻きとして、ご愛用ください(審査員:上村博/京都造形芸術大学芸術教育研究センター長、京都造形芸術大学教授)。

 

【作品展示について】

受賞作品の全体デザイン画とそれを元に制作した「手ぬぐい」実物、またあわせて、力作ぞろいの応募作の全体デザイン画を展示します。ぜひご高覧ください。

期間:2015 年12 月8日(火)~12月20日(日) *休館日:12 月14日(月)

時間:10:00~17:00

場所:東京外苑キャンパス内

 

 

 

|

>一覧に戻る

カートを見る

日本芸能史

サイトマップ